着付け 着付レッスン・出張着付けサービス|横浜・鎌倉  
着付レッスン・出張着付けサービス|横浜・鎌倉
  着物基礎知識 出張着付けサービスの詳細 着付け教室サービスの詳細 着付けのよくある質問 飯田昌美プロフィール  



        着物に関するニュースやトピックスなどをご紹介していきます。
2012年04月05日
● しわ-美しい着付けの心得-

●しわ

キレイで美しい着付けのポイントといえば「しわがないこと」。
そういわれるようになったのは、いつの頃からでしょうか。
 
直線仕立の着物を人間の曲線に合わせて着付けるのですから、多少のしわはできることがあります。
 
もちろん、目立つしわは、着物の美しさを半減させてしまいます。
しまいっぱなしの着物には、いつの間にか気が付かないしわが出来ていることがあるので、事前にアイロンを掛けたり、吊るしておく必要がありますね。
 
(注:アイロンは中温で、変色しないか裏で確かめましょう。また金箔や金銀の糸の刺繍があるものはアイロン掛けはやめましょう。)
 
さて、正しい着付けをしますと、着物や帯にできるしわが少なくなります。
それは着物の為に、帯の為に、良いことです。
 
ただ、着物は着用時は綺麗に着付されていても、生地によっては自然と気が付かないしわが生じることがあります。
 
絹は生きていますので、人間の体温が次第と伝わっていきます。
そのために、眠っていた絹が目覚めて、しわというのか、自然なゆとりが生まれることがあります。
 
美しい着付=雑誌のモデルさんのような着付
 
と思い込んでいますと、自然なしわを受け入れることが出来なくなってしまいます。
 
絹が目覚め、また着用している人間も動けば、自然なゆとりができるのは当然なこと。
これを否定してしますと、折角の着物の素材の持つ風合いまでもが否定されかねないと感じています。
 
愛昌の着付け教室について興味のある方はこちらから
 
 
着付け レッスン
着付けのサービスメニュー
着付け教室 ホーム 着付け・着物お知らせ
着付け・着物コラム 飯田昌美プロフィール
出張着付け 着付け教室
着物お手入れ方法 きもの基礎知識
着物・着付けよくある質問 着付けレッスンお取引様
着物帯結び集 着物通販

浴衣 着付け

twitter


着付け教室 お申し込みはこちら
出張着付 お申し込みはこちら
着付け教室着付けレッスンのお問合せ 広告・イベント・講演等
着物・出張着付け・着付け教室の質問コーナー

愛昌きもの学院:0120-861-226 神奈川県横浜市中区桜木町2-2 港陽ビル4F
利用規約プライバシーポリシー特定商取引法に基づく表記会社概要お問合せ着付け教室お申込み出張着付けお申込み
愛昌きもの学院 Copyright (C) 20XX All rights reserved
Any unapproved use of texts & visual materials on this website is strictly prohibited